オメガ3脂肪酸の種類

オメガ3脂肪酸の種類

実は、オメガ3脂肪酸を毎日摂取していると、メタボ予防や、ダイエット効果があると言われています。どうしてそのようになるのか、その仕組みを考えてみましょう。オメガ3脂肪酸はその名前が示すとおり、脂肪分の一種です。ダイエットをしている人であれば、脂肪という言葉を聞くだけで摂取を避けがちですが、ちょっと待ってください!

 

オメガ3脂肪酸の脂分は、太るどころか、体内に油脂が蓄積されるのを逆に防いでくれるんです。そのため、ダイエットにも有効であるということが確認されています。では、どのような食材にオメガ3脂肪酸が多く含まれているのでしょうか。オメガ3脂肪酸は一つではなく、α-リノレン酸・EPA(エイコサペンタエン酸)・DHA(ドコサヘキサエン酸)の三種類があります。

 

ですから、オメガ3脂肪酸が含まれているという時は、これらの成分が含まれているものを言います。これらを含む主な食材としては、以下のようなものが挙げられます。α-リノレン酸なら、アマニ油、エゴマ油、キャノーラ油、シソ油、ダイズ油、そしてホウレン草、チンゲン菜などの青物野菜などに多く含まれています。アマニ油、シソ油、エゴマ油は、熱に弱く酸化が早いので、生で食べる方が効果が期待できるでしょう。塩やバルサミコ酢とともにドレッシングとして使ったり、青菜のおひたしにかけると効果的に摂取できます。魚介類のカルパッチョやお刺身につけたりすると、下記のDHAやEPAも合わせて摂取できて二重に良いですね。

 

私の友人にはエゴマ油とシソ油をいつも持ち歩いて、何にでもかけて食べている人がいます。悪玉コレステロールを下げてくれるので、特に高カロリーな食事などの際には欠かせないんだとか。EPA・DHAはニシン、サバ、イワシなどの青魚、もしくはサケやタラなどの魚介類に多く含まれています。また魚油食品、肝油にも含まれています。

 

このオメガ3脂肪酸に含まれるDHAやEPAには、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。そして、血液をサラサラにして流れやすくする効果もあります。これらの持つ作用によって、内臓脂肪の燃焼を促進し、ダイエット効果・メタボ予防を実現していくのです。